予備校の種類

病院内(手前に赤いドア)

ネットで調べていても「医療福祉」とは何かについて、きちんと説明しているものは少なく、多くの方がこの言葉の意味や仕事内容に漠然としていると思います。
今回はこの医療福祉について説明していきます。
まず、医療福祉とは患者の社会的、精神的など様々な要因で発生する普通の生活の困難や障害を研究して、それを緩和させたり、除去したりする目的で病院や保健所などの機関に制度として取り入れられているものです。
つまり、医療による効果をより引き出すために有効な手段としての認知がされれています。
この仕事内容については様々あります。
例えば、病院や福祉関係の施設においての安全管理やリスクマネジメントなどを行う医療福祉環境アドバイザーや細かいものだと、介護や医療施設における事務作業や、介護福祉士、ホームヘルパーなどがあります。

この医療福祉に関する仕事は、やはりお年寄りや患者さんなどと接することが基本的な仕事内容になるので、自分の職場環境や仕事内容について更に深く定期的な確認と更なる学習が重要となってきます。
このために自分の仕事の他に、同じ仕事をしている方達との学習の場や、スクールに通って自分のスキルアップのために資格の勉強をする方たちが多いです。
こういう機会を持たなければ、やはり自分の今の仕事が間違っていないのか、更なるサービス向上の方法などの意見交換や学習する機会が無くなってしまうために、こういう機会や学習の場を持つということはとても大切になってきます。
逆に言えば、こういう自主的な学習や交流の場を医療福祉という仕事で働いている方たちが持っているおかげで、安心で適切なサービスを提供できる環境は作られているのです。